柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 正岡子規が住んだ常盤会宿舎跡へ

<<   作成日時 : 2010/12/05 10:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


月曜から金曜は今≠ノどっぷりつかって生活しています。

数字、英語、メール、情報、報告書、プロジェクト、近代的な
オフィスなどなど、そんなものに囲まれています。

そして、土日の数時間は、それらをいっさい捨てて、過去に
戻り史跡を訪れます。
そんな感じで1年間を過ごしたのですが、それがとても性に
合っていると思いました。

本やインターネットや地図で、場所を事前に確認しておきま
す。そして当日の、これからその場所をたずねていくときの
高揚感がとても心地よいのです。

そしてたどり着けば、たとえば、狭い路地の、現代人からは
すっかり忘れられた場所に、歴史の痕跡がちゃんと残ってい
る。まるで、訪れる人を待っていたかのように。

そんなとき、地味で控めですが、歴史の重みがひきおこす感
動を何度か覚えました。

東京・本郷の常盤会宿舎跡をたずねました。
きっかけは、テレビで『坂の上の雲』をやっていて、正岡子規
が出てきたからです。

常磐会は、旧松山藩の子弟用の東京における宿舎だとか。
第1期生の正岡子規は、明治20年ごろから3年間住んでいた
といいます。そして、ここはもともと、坪内逍遥が住んでいた場
所でもあるようです。(文京区本郷4-10-13)
画像

画像


あたりはとても静かです。
人は誰もいません。
春日通りの喧騒がうそのようです。
前の細い道から本郷4丁目の町が下によく見えます。


迷宮に吸い込まれるように、そのまま下っていきました。
坂が続きます。ひんやりとしています。
時間も止まっているようです。

前を女性が、子犬と一緒に音もなく歩いていました。
気がつくと鎧坂の下でした。
画像


にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村←ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。

人気ブログランキングへ>←お時間があれば、こちらも。ありがとうございます。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
正岡子規が住んだ常盤会宿舎跡へ 柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる