柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡田以蔵の刀傷に近づいた?

<<   作成日時 : 2010/12/18 22:22   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

今回の京都木屋町幕末歴史散策≠ナぜひ見たかったものの
ひとつ、それは岡田以蔵の刀傷です。
龍馬のお友達(?)、人斬り以蔵の痕跡です。(マイナーだなあ)


でもそれは、私有地内にあるとのことで、見学には配慮が必要と
のこと。
その刀傷を見つけるためには、まず目印として本間精一郎遭
難之地≠ニいう碑を見つけるのがポイントのようです。
場所は中京区木屋町通四条上ル東側です。

本間精一郎は越後出身の勤王の志士。
文久2年、碑のあたりで襲われました。
犯人は岡田以蔵とか薩摩の田中新兵衛とかいろいろ言われてい
るようです。

そして、その本間の碑はわりとすぐわかりました。
画像



















でも、以蔵の刀傷があるという、その碑の南側の路地がなかな
か見つかりません。

ちょっと待てよ、さっき通り過ぎたあれかな。
河原町方向へもどってみました。
そうだったんです。
傷跡に通じる路地は、インターネットの事前の情報とは異なり、
木戸のようなものでふさがれていました。それで通りすぎてしま
ったのです

そんなわけで、勝手に中にはいれません。しかたがないので、
木屋町通り側から、木戸の隙間を通してパチリ。
(同じく中京区木屋町通四条上ル東側です。)

ははは、まさに、ノゾキそのものですね。(画像奥の右の家の出
格子に刀痕があるようです)
画像

















かくして岡田以蔵の刀傷には近づけませんでしたが、その路地
の奥に彼の刀痕が残されているということだけを頭に入れて、
次の史跡に向かいました。

さらに詳しくは→にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして♪

私は昨年の『龍馬伝』を見て『竜馬がゆく』を読みすっかり幕末のファンになりました。

最近は史跡めぐりが楽しみになっています。

記事を拝見しました。たくさんあるので、またゆっくりと伺わせてください。

私もここを訪れましたが、刀傷は見れませんでした。
みーおでん
2011/04/02 22:11
みーおでんさん、コメント、ありがとう。

私も幕末は大好きです。
調べていけばいくほど、いろんなことが
幕末にはあって興味がつきません。

みーおでんさんのブログもときどき
拝見しています。とてもおもしろい
です。
これからもよろしくね。
いちゆう
2011/04/05 14:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
岡田以蔵の刀傷に近づいた? 柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる