柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍馬の定宿、明保野亭がこんなところに。

<<   作成日時 : 2010/12/19 22:00   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

霊山歴史館では、幕末の展示資料を見ました。(東山区清閑寺霊山町)
画像

















そして、龍馬の実物大の写真パネルとならんで記念写真を撮りました。(わたしもかなりミーハーですね、ははは)
霊山護国神社では、龍馬と中岡慎太郎の墓を訪れました。(わ、人がいっぱい)

そんな感じで幕末にどっぷりつかったあと、そのまま維新の道を下り二年坂へ。釜座≠ナ食事をしました。
(東山区高台寺枡屋町)
画像



















産寧坂ではやました≠ナ漬物をたくさん買ってクール宅急便で東京に送ってもらいました。
(東山区清水寺門前産寧坂北入)

そして、そのままぶらぶら下りかけたら、やました≠フ隣の隣で、あれ? こんなところに龍馬くん。予定外(?)の明保野亭にぶつかりました。(東山区清水2丁目)
画像















明保野亭は龍馬の定宿だったことで有名です。(当時とは場所は異なるようですが)

ただ、明保野亭といえば、私は、やはり、龍馬よりも元治元年の「明保野亭事件」のほうが気になります。
明保野亭事件は、土佐藩士の傷害や切腹とか、それに伴って会津藩士の自刃なんかがあってかなり複雑な事件です。いずれにしろ武士道の厳しさを思い知るような事件です。

でも、ホント、意識的に龍馬に関係したところを歩いたせいもあって、京都は、ここにも龍馬、あそこにも龍馬と、ホント龍馬だらけでした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
龍馬の定宿、明保野亭がこんなところに。 柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる