柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 正岡子規の住んでいた子規庵へ

<<   作成日時 : 2010/12/28 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

常磐会宿舎跡に続き、今日は子規庵を訪ねました。

JR山手線鶯谷駅を北口で降り、日暮里のほうへ5分ほど歩くと
着くことができます。
午後の見学は1時から。でも数人の人がすでに集まっていまし
た。
画像

















子規庵の外観は史跡とは思えないごく普通の家でした。
(台東区根岸2-5-11)
画像
















画像















ここに、子規はお母さんと妹を呼び寄せ、病気と闘いながら創
作活動を行ない、また句会や歌会も開いたんですね。
そして、今日の「坂の上の雲」でも演じられたように臨終を迎え
た場所かと思うと、なかなか感じるところがあります。

建物は戦後建て直されったとか。でも、内部は当時の雰囲気を
よく伝えているようです。

印象的だったのは、庭が南側にあって部屋にたくさんの光がは
いりこんでいることでした。
子規の創作空間はある意味、明るさに満ちていたのでは、そん
な想像をめぐらせました。軒先にぶら下がるへちまも印象的でし
た。

ところで、子規庵は部屋も庭も撮影禁止。
部屋の中を撮ってダメだとわかっていたのですが、庭も同様だっ
たようですね。
でも、まあ、注意される前に撮ってしまったので、ここで特別公開
しておきます(笑)。
画像














画像













それにしても、香川照之の死に顔≠ヘ最高の演技でした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
正岡子規の住んでいた子規庵へ 柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる