柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 寺田屋、そして坂本龍馬が隠れた材木小屋の碑へ

<<   作成日時 : 2010/12/13 21:27   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

ひさしぶりに京都・伏見の寺田屋へ行ってきました。

猛暑にもかかわらず、寺田屋はあいかわらず大人気。訪れる
人でいっぱいでした。
画像


















中は龍馬の写真でいっぱいです。
画像














お龍が入っていたという(ホント?)お風呂です。
画像















寺田屋を見学したあと、避難の材木小屋の碑≠ェ出来た、
ということで、その場所を探しに行くことにしました。寺田屋で
襲われた龍馬が避難した場所の碑です。

でも、この炎天下、そこまで行こうとする酔狂な人(?)はあまり
いないようです。でも、せっかく東京から来たわけですから、
なんとか見ようと出かけました。

龍馬通り商店街を抜け、大手筋通りを濠川(ほりかわ)に向か
って歩いていきます。いや〜熱い。まずい熱中症になってしま
う。冗談ではなく気をつけないといけません。

そして、ようやく、あらかじめ調べておいた地点あたりにきまし
た。でも、う〜む、おかしいな。碑がありません。

目の前のコンビニに飛び込んで、体を冷やしお茶を買い、レジ
で女性にきくと、
「すみません、よく聞かれるんですよ。でも、よくわかりません」
とすまなそうな返事。

う〜ん、こまったな。
よし、じゃあ、もう一度だけ聞いてそれでダメだったらあきらめよ
う、ととなりのお米屋さんに入り、ご主人にたずねました。

「ああ、それやったら」と、わざわざ外に出てくれて「あの橋のと
ころやわ」
わあ、見える、見える。

たしかに道路の向こう側の橋の端に小さな碑らしきものが見え
ます。(伏見区大手筋村上町)
画像














「そしてな、実際の材木小屋の場所は、こっちの赤い建物のとこ
ろやわ」
ふりかえると、おお、なるほどなるほど。あれですか。
画像














かくして無事発見! 
カメラにおさめると、早々にタクシーをつかまえ、熱さから逃げる
ように桃山御陵前駅をめざしました。
画像



















写真1:手前が碑。道路向こう側の白い建物が、私に場所を教
えてくれたお米屋さん。

写真2:赤っぽい大きな建物が、材木屋があった場所。前は薩
摩藩士が怪我をした龍馬を運んだ濠川。

写真3:2009年12月に建てられた碑の拡大写真。

さらに詳しくは→にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
寺田屋、そして坂本龍馬が隠れた材木小屋の碑へ 柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる