柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS ハリスも眺めた善福寺の大イチョウへ

<<   作成日時 : 2011/01/02 21:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


横浜・開港記念館の玉楠(たまくす)の木ではないけれど、そ
の当時の植物が今も残っているのはうれしいものです。

建物やお墓とちがい、その当時も生きていた≠烽フが今も
生きている=Bそれがいいような気がします。

快晴です。
麻布十番で降りて雑式通りを歩きました。
数分歩いたところに善福寺はありました。
住所は、港区元麻布1-6-21になります。

善福寺は、幕末にアメリカ公使館となったお寺です。公使は
ハリスです。
そこにハリスが眺めたであろう大イチョウが残っています。
画像
















ハリスといえば、日米修好条約を締結した人物、そして下田時
代の唐人お吉、などが浮かびます。
境内は法事帰りの人たちでいっぱいでした。
画像














そのあと、仙台坂を上って、有栖川宮記念公園へ向かいま
した。
この辺は南麻布、外国人が多いですね。
狭い歩道で、わたしが背後から小さな娘さんを歩き抜こうと
ました。
すると、父親が前を歩く娘さんに気をつけるように、というこ
とでしょうか、
People are coming behind you.

う〜む、なるほど、わたしひとりでもPeopleか、なんて、は
はは。
ホント、このあたりは今も昔も外国人が似合います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ハリスも眺めた善福寺の大イチョウへ 柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる