柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 若きころの残影「試衛館」の跡へ

<<   作成日時 : 2011/01/11 22:15   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


幕末の志士で好きな人といえば、坂本龍馬と土方歳三。
小説で言えば『竜馬がゆく』と『燃えよ剣』でしょうか。

わたしにとって、土方のどこがいいかというと、その一途さです。
思想的には浅かったにせよ、彼の行動は函館で死ぬまでブレなかった。
昨今のブレまくる政治家にはない一直線な行動が好きです。

彼にまつわる血なまぐさい歴史的事実、それはそれで残るでしょう。
でも、そのイメージは、少しずつ少しずつ、淡くやさしくなっていくような気がします。
時間が流れていくにつれ、あらゆる事物が、いい意味で、褪(あ)せていくように。

出かけたついでに大江戸線の牛込柳町駅で下車しました。
初めての駅です。

試衛館の跡を訪ねました。
そこは、土方が若いころ剣術の修行をした天然理心流の道場跡。
近藤勇の養父の、天然理心流三代目の近藤周助が開きました。

碑は、大久保通りを牛込神楽坂方面に歩いて、柳町病院というところを右にまがったところの奥にありました。
住所は新宿区市谷柳町25-8です。
画像


















付近は人もいず、とても静かです。
へえ、このへんに150年ほど前、若かった近藤勇も土方歳三も沖田総司もいたのか。
そんな幕末のころを思っていると、自分も剣術を習いたくなりました。
えい、やっ! 
そう(心の中で)声をあげてから、そのまま新宿駅へ。う〜ん、よく歩いた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
若きころの残影「試衛館」の跡へ 柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる