柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 新撰組 近藤勇陣屋跡へ

<<   作成日時 : 2011/01/15 23:07   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

新撰組 近藤勇陣屋跡へ行きました。
 
今日はほんとうにいい天気。
家の中にいたらお天気様≠ノ申し訳ないと思い出かけました。
幕末史跡巡りも都内のメインはあらかた行ってしまったので、今日は初めて千葉県の流山へ。
近藤勇が新政府軍に降参した地です。

その前に……新撰組関係の場所は先週京都でも行きました。
まずは、八木邸(新撰組誕生、芹沢鴨暗殺の地)です。
住所は中京区壬生梛ノ宮町24となります。
画像















もうひとつは、不動堂村屯所跡(西本願寺を出た次の屯所)です。
リーガロイヤルホテル前(下京区油小路通塩小路下ル)にあります。
画像














さらにもうひとつの不動堂村屯所跡、ハトヤ瑞鳳閣付近です。
画像


















さてさて、今日は西日暮里から地下鉄千代田線で馬橋へ。
そして、馬橋から流山電鉄に乗り換え流山へ。
流山電鉄ってPasmoが(Suicaも)使えないんですね。
それで、キップを買いました。
乗客も少なく、車内に秋の日差しがはいりこんでいてホントにのんびりしています。
がったんごっとん音を立てながら電車は進んでいきます。

終点流山駅で降りて数分。
ありました、ありました。
流山きっての豪商長岡屋の跡が。
近藤勇はここを陣屋にしていたとか。
画像















画像

















なるほど、ここで新政府軍に囲まれた彼は潔く出頭したわけなのか。
感慨にふけっている私を、猫がのんびり見つめていて、ここものんびりモードいっぱいでした。





慶応四年新撰組近藤勇始末?江戸から五兵衛新田・流山・板橋まで (ふるさと文庫 (187))
崙書房
あさくら ゆう

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 慶応四年新撰組近藤勇始末?江戸から五兵衛新田・流山・板橋まで (ふるさと文庫 (187)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
新撰組 近藤勇陣屋跡へ 柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる