柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 保存版!お江をしのびつつ増上寺周辺の史跡散策

<<   作成日時 : 2011/02/10 22:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 2

今日もまたいい天気でした。

今の季節はどんな歩いても汗をびっしょりかきません。体がぽか
ぽかしてきます。
意外とウォーキングに向いているのかもしれません。

今週もお江ゆかりの場所を巡りました。
半月前に訪れた増上寺、その周辺に、お江の関連史跡がいくつ
もあるようです。

                   *

前回と同様に、大江戸線を六本木駅で降りました。

まずは深広寺へ行きました。

寛永3年(1626年)、お江は江戸城西の丸で亡くなりました。
その一ヶ月後、彼女の遺体は増上寺から六本木の荼毘所へ運
ばれ、荼毘にふされました。

そのときの灰が埋められた灰塚(はいづか)が深広寺にあるとい
うことです。
深広寺は、六本木交差点の近く、ホテルアイビスの隣の路地奥
にありました。
都会のど真ん中の、ひっそりとした寺です。
でも通常は非公開ということ。
なので、入り口だけをパチリ。↓
画像
















               *

そのまま外苑東通りをロシア大使館方面に歩いていきます。
ドン・キホーテの横の道を左に折れると、六本木墓苑があります。↓
画像













六本木墓苑は、寛永3年(1626年)にお江の火葬を取り仕切った
五つの浄土宗の寺院の共同墓地だそうです。
お江の灰塚のある深広寺もそのひとつです。
六本木のど真ん中に、大きな墓地スペースがあるとはこれは意
外でした。
画像













                  *

さらに外苑東通りを歩いていきます。
飯倉の交差点で左に曲がり、桜田通りを数分歩きます。
すると、急な石段を上ったところに西久保八幡神社がありました。↓
画像














境内はとても静かです。慶長5年(1600年)、ここでお江が関ヶ原
の戦いの必勝祈願をしたということです。↓
うしろは霊友会の建物です。
画像














               *

そのまま、桜田通りの右側を歩いていきます。
神谷町を通り過ぎたあたりで右に曲がると、天徳寺があります。
尾張徳川家や越前福井藩松平家の菩提寺でもあったお寺です。

ここには秀忠とお江の三女の勝姫(天崇院)が眠っています。
裏から八角形をした本堂が見えました。↓
(背後のマンションはパークコート虎ノ門愛宕タワーです。)
画像














ぐるり正面にまわりました。
なるほど、天徳寺は都会の中の立派なお寺です。
画像















                *

次は芝大神宮です。
ここで、お江の代参として春日局が大阪冬の陣、夏の陣の戦勝
祈願で参拝したそうです。かわいい巫女さんがいました。↓
画像















それから、日比谷通りに出て増上寺の三解脱門前を通りすぎて
いきます。
いつ見ても立派な門です。↓
画像














そのまま第1京浜の右側を芝公園駅方面に歩いていきます。
台徳院霊廟惣門はすぐです。↓
この門は秀忠の南霊屋(みなみたまや)の正門だとか。霊廟の
遺構は所沢の狭山不動寺に移されています。
背後、左の建物はザ・プリンス・パークタワーです。
画像















さらに歩いて芝公園の中にはいっていくと、奥に家康を祀る芝東
照宮
が見えてきます。↓
画像














境内に、お江の息子の家光が植えた大きなイチョウの木がありま
す。空襲も受けず生き残ったそうで天然記念物です。
画像














                    *

最後に、日比谷通りを渡り最勝院へいきました。
最勝院は、秀忠がお江の別当寺(神社に付属し置かれた寺)とし
て建てたそうです。
浄土宗のお寺で、お江は小さいときから浄土宗に帰依していたと
いいます。
現在の最勝院はマンションになっていました。↓
画像















かろうじてその名前を門柱に見つけました。
画像















視点を変えるだけで、気づかなかった史跡が浮き上がるように
見えてくる、そんな実感をした楽しい半日でした。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村←応援ありがとうございます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
白隠禅師の教え後世に 沼津・照江寺で点眼法要
照江寺で2日、江戸時代の高僧白隠禅師の書画を刻んだ石碑群の完成を祝い、点眼供養法要が営まれた。 ...続きを見る
ローカルニュースの旅
2013/10/05 08:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして♪
お江のゆかりの地を探していてネット検索からきました。

私も参考にしながら深広寺から増上寺周辺を歩いてみようと思いますo(^-^)o

カノン
2011/08/31 21:52
カノンさん、コメント、ありがとうございます。
お役に立てそうでうれしいです。
楽しい散策になると思います。
また遊びに来てください。
いちゆう
2011/09/01 20:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
保存版!お江をしのびつつ増上寺周辺の史跡散策 柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる