柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 幕末京都・高瀬川周辺史跡紀行

<<   作成日時 : 2011/04/07 21:20   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 6

幕末江戸≠ニいう言葉以上に、幕末京都≠ニいう言葉
に出会うと心が騒ぐのはなぜでしょうか。

みやびな土地に、全国から志士や藩士が流れこみ、血生
臭い事件や政争劇が繰り返されたのは150年ほど前。

そんな歴史的事実が、明るく上品な京都に、淡く灰色の影
を落としているというその二面性に、心がひかれるのかもし
れません。幕末京都……。

風に吹かれながら四条より木屋町通りを北に向かって歩き
ました。高瀬川が左側に流れています。

高瀬川といえば森鴎外の小説『高瀬舟』を思い出しますが、
まあ、ほんとに小さな川です。

そして、小説の舞台になった高瀬川を中心に御池通りあた
りまでの左右は、まさに幕末史跡の宝庫。
東京にはこんな場所はありません。

歩きながら目指す史跡があるたびに、通りを折れては路地
に入っていきます。京の町に不案内な私でも、史跡はすぐ見
つかりました。

実際に歩くと、それらの位置関係が体感できます。
スタンプラリーをするようでとても楽しかったです。

実際に歩いた順序はこうです。まずは、

@古高俊太郎邸(池田屋事件の発端、古高の隠れ家、枡屋、
現しる幸)下京区河原町通四条上ル一筋目東入ル南側
画像
















A中岡慎太郎寓居跡(菊屋、現あぶらとり紙)
中京区河原町通四条上ル東側
画像


















B本間精一郎遭難之地(犯人は岡田以蔵?田中新兵衛?)
  中京区木屋町通四条上ル東側
画像


















C岡田以蔵の刀傷(私有地のため、木屋町通からのぞき℃B影)
  中京区木屋町通四条上ル東側
画像















D坂本龍馬・中岡慎太郎遭難之地(近江屋跡)
 中京区河原町通蛸薬師下ル西側
画像


















E土佐稲荷・岬神社(小さな龍馬像あり)
 中京区通蛸薬師通河原町東入ル
画像















F土佐藩邸跡(高瀬川沿い旧立誠小学校辺り)
 中京区木屋町通蛸薬師東入ル
画像
















G坂本龍馬寓居(酢屋、海援隊京都本部。ギャラリーあり)
 中京区河原町三条下ル一筋目東入ル
画像

















H池田屋騒動(現在、同名の飲み屋)
 中京区三条河原町東入ル北川
画像


















I武市瑞山先生寓居(四国屋・丹虎跡)
 中京区木屋町通三条上ル東側
画像















J加賀藩邸跡碑(御池通り前、川は高瀬川です。)
  中京区河原町通御池下ル東側
画像

















K桂小五郎像・長州屋敷跡(現京都オークラホテル、宿泊先です)
 中京区河原町通御池上ル
画像

















以上、数時間で巡ることができました。

周辺にはまだまだ史跡があります。
こちらは次回にチェックします。
・ 高杉晋作寓居(旧大まさ)
東山区縄手通白川橋上ル東側

・坂本龍馬の妻お龍独身時代寓居
中京区木屋町通六角下ル東側

・薩摩藩錦小路藩邸
中京区東どう院通錦小路下ル東葉ル

・彦根藩邸
中京区西木屋町通六角下ル(山崎橋西詰)

・鳥新跡(峰吉が軍鶏も買いにいく。鳥新は今も祇園縄手通
四条上ルで営業)下京区四条木屋町西入ル南側付近

・象山先生遭難之碑
中京区木屋町通御池下ル西側

・大村益次郎卿遭難の碑
中京区木屋町通御池下ル西側

・佐久間象山寓居
中京区木屋町御池下ル東側

・吉村寅太郎寓居
中京区木屋町通三条上ル東側

・桂小五郎・幾松寓居(料亭 幾松)
中京区木屋町通御池上ル東側

・明治天皇行幸所木戸邸

・木戸孝允邸
中京区河原町通竹町東入ル

・第二無りん庵
中京区河原町通二条下ル東側

いや〜、この狭い範囲での高密度な史跡群はすごいですね。
さすが京都です。また行きたいと思っています。

***********
ということで、後日、さらに北上し丸太町橋まで歩きました。

参考; 『幕末古地図 志士たちの京都』(人文社)、
    『幕末歴史散歩 京阪神篇』一坂太郎(中央公論新社)

さらに詳しくは→にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村

     

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
幕末維新 京都鴨川裏早朝史跡散歩
以前、京都・高瀬川に沿って幕末史跡をめぐる散歩をしました。 ...続きを見る
柴犬こちゃのワインと史跡と小説と・・・。
2011/12/22 20:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪

私も去年、このあたりを散策したのを思い出しました。
オリエンテーリングのように石碑を探しました。^^
この狭い範囲を志士たちが駆けていたのかと心が踊りました。

京都にはいつごろ行かれましたか。
私は今度新選組の史跡に行きたいなと思っています。
みーおでん
2011/04/07 22:32
こんばんは、みーおでんさん。
このあたりはホントに多いですよね。
京都へは去年は8月と12月に行きました。
今年は3月末に行く予定でしたが、地震で自粛
しました。
去年は新撰組の史跡も同時に回りましたので、画
像を整理して次回アップする予定です。
いちゆう
2011/04/07 23:06
いちゆうさん、こんばんは♪

良く京都に行かれているんですね。
やはり京都はいいですね。^^
今は外国人観光客が激減しているそうですね。

新撰組の史跡も行かれたんですね。
今度の参考にしたいです。
記事を楽しみにしてますね。^^
みーおでん
2011/04/09 21:06
みーおでんさん、おはよう。
京都、そうですか。早く元に戻るといいよね。
はい、次回の記事、よろしくお願いします。
いちゆう
2011/04/10 09:54
この辺りには本当に幕末の史跡が多くて、京都に行くたびに歩いています。
幕末の京都はやはり、歴史の中心点だったと感じます。
桃源児
2011/04/12 10:14
桃源児さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。
そうですね、ホントに多いですね。
まだいろんな場所がたくさんあるので、少しずつ訪ねていく予定です。これからもよろしくお願いいたします。
いちゆう
2011/04/12 16:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
幕末京都・高瀬川周辺史跡紀行 柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる