柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 新撰組・永倉新八住居跡群散策記

<<   作成日時 : 2011/05/11 22:37   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

ゴールデンウィークのある日。
曇天です、でも空気はさわやかです。

新撰組のその後≠たどる散策に出かけました。

たまたま本屋で手に取った『江戸・幕末を切絵図で歩く』(伊東
成郎著 PHP研究所)。

その中に永倉新八の住居跡のことが載っていましたので、実
際に歩いてみました。

永倉新八は、ご存知、新撰組の副長助勤。
腕は新撰組随一とされ、池田屋へのきり込み、鳥羽・伏見の
戦いでも勇敢に戦いました。

1876年(明治9年)、東京の北区滝野川(JR板橋駅前)に新撰
組の慰霊墓を作ったことでも知られています。↓
画像

















そこには彼自身の墓碑もあります。
画像



















維新後、生き延びた永倉新八は明治20年、北海道から上京
します。まずは足立区千住に住みます。

そしてその後、明治32年に小樽に舞い戻るまで、都内文京区
に四ヶ所の住居を構えたということです。(『新選組史蹟事典』
<東日本編>)

まず最初の住居は、
文京区小石川1-28-1(明24.11.3−明25.2.9)。
水道橋方面に白山通りの右側、9階建てのオフィスビル「フロ
ンティア小石川ビル」あたりです。↓
画像














おお、立派な建物。
仕事場がかつての新撰組隊士の住居跡だとわかると、仕事も
楽しくなるでしょう。(ならないかな?)

その次に移り住んだのは、
文京区小石川1-17(明25.2.9−明28.5.16)。
同じく水道橋方面に白山通りの右側、賃貸マンション「エルア
ージュ小石川」付近です。↓
画像













「クイーンズ伊勢丹」(スーパーマーケット)の裏で、最初の住
所から数分の距離です。

三番目の場所は、
文京区白山1-23-14・15(明28.5.16−明28.7.6)。
水道橋方面に白山通りの左側から、サニーハイツというマン
ションを左に折れた通りの奥あたりです。↓
画像











ごく普通の住宅街です。

最後に住んだ四番目の住所は、
文京区白山2-39-5(明28.7.6−明32不詳)。
↘白山通と旧白山通に挟まれた三角州のような場所です。
画像













都営三田線白山駅からすぐの白山下という場所です。

この三角地帯、元々は白山2丁目の外れだったとか。
その後、新しい白山通りが作られたため、飛び地となったよう
です。(中央の建物群の背後も、ぐるり道路になっていて、離
れ小島。不思議な場所です。↓)
画像
















永倉はこの三角地帯≠気に入ったのか、一番長く住んだ
ようですね。

もっとも、調べたところ、白山通りは、大正の後期から昭和の
初期にかけて作られたそうですから、永倉が住んでいたころ
は別の地形や風景があったのでしょう。

さらに本屋で『昭和十六年 大東京三十五區内 小石川區
詳細図』(地形社編)なる古い地図を見てみました。
すると、昭和十六年には、この三角地帯(39番地)はその一
部が道が切れていたものの、すでに出来上がっていました。

とにかく、この場所を最後に、彼は東京を去り、ふたたび小樽
に戻っていきます。

道路の反対側からこの三角地帯を眺めていると、背後に隠さ
れた歴史の記憶が、ぱあっとよみがえってきました。
永倉が生きた時代と現在とが微妙に重なりあい、時の流れ
の不思議さへ感慨がわいてきます。

それにしても、永倉は文京区内で頻繁に引越しを繰り返して
います。なぜなんでしょう、帰りの地下鉄の中で思いました。

さらに詳しくは→にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪

永倉新八さんの史跡を巡られたのですね。
彼がお話されたことが書かれた本を読んでみたいなと思っています。

何度もお引越しをされたのは気になりますね。
みーおでん
2011/05/14 22:58
こんばんは、みーおでんさん。
コメント、ありがとうございます。
そうそう、なんででしょうね。
この史跡巡りは後半があります。
こちらも、よろしくね。
いちゆう
2011/05/15 22:02
気持玉一個ずつやっときますた

役に立ちますた

ありがと=

モコ
2011/12/10 11:41
モコさん、こちらこそ、ありがとう!!!
いちゆう
2011/12/27 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
新撰組・永倉新八住居跡群散策記 柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる