柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 新撰組・斎藤一勤務先訪問記

<<   作成日時 : 2011/05/30 21:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

新撰組隊士、斎藤一探索記の続きです。

この散策シリーズ、背後でその筋の方≠フチェックを受けて
いるようでして(笑)、それはそれとして、諸説の結論は専門
家さんたち≠ノまかせましょう。

ところで、斎藤は維新後、警視庁に勤めました。
また、西南戦争に行ったりもしました。
そして、警視庁をやめたあと、明治24年、東京高等師範学校に
就職、附属の東京教育博物館で看守として働きはじめます。

その看守としての斎藤が詰めていた門衛(正確にはその場所)
が、今も残っているということで湯島聖堂に行きました。
(文京区湯島1-4-25)

湯島聖堂は、江戸時代、昌平坂学問所があったところ。
昌平坂学問所は、旗本や御家人たちの子供のための学校で
すよね。こちらは昌平坂です。
画像















湯島聖堂の中に、大成殿という大きな建物があります。↓
画像














そして、こんなものもあります。↓
世界最大の孔子像だそうです。緑に映えています。
画像














構内を一回りしたあと、斎藤一≠さがすために、正面であ
る迎高門へ行ってみました。↓

おお、ありました。ありました。
知らなければ気づかない場所です。

斎藤一のかつての職場(東京教育博物館)の門衛だった同じ
場所に、門衛が残っていました。
左側の小さな建物(↙)がそうです。
彼の職場跡といえます。

画像
















家にもどってから、国立国会図書館近代デジタルライブラリーで
調べてみました。
彼が勤めていた当時よりあとの資料ですが、当時、広さは2.25
坪、「門衛所」と呼ばれていたようです。
(『東京教育博物館一覧 明治45年』)

なるほど、この同じ場所に、明治時代、新撰組のあの斎藤一
がいたのか、そう思うとぞくぞくしてきます。

彼の看守(守衛)という仕事は名目で、実際は撃剣部の師範だ
った、ともいわれています。
それでも、彼がここにいたと想像≠キること自体に問題はな
いでしょう。
画像














永倉と斎藤は、同じ大正4年に亡くなっています。
長生きしたことも含め、二人に共通するものがいろいろありそ
うです。

門衛の背後にまわってみました。
ツツジの花が、曇り空と張り合うように咲いていたのが印象
的でした。
画像

















さらに詳しくは→にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪

いちゆうさんは斉藤さんがお好きなんですね。

私は今、大河ドラマ『新選組』を見ていまして、斉藤さんはとても強いイメージです。

もし守衛として、そこにおられただけでも怖かったんだろうなと思いました。
みーおでん
2011/05/31 21:21
みーおでんさん、コメントありがとうございます。
新撰組はみんな好きですね。近藤も土方も沖田も永倉も斎藤も好きです。
斎藤が門衛所≠ノ実際詰めてのかわかりませんが、少なくとも挨拶のために顔を出した、なんてことはいえないかなあ、なんて思っています。
いちゆう
2011/05/31 22:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
新撰組・斎藤一勤務先訪問記 柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる