柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 生麦事件受難者墓参ツアー その二

<<   作成日時 : 2011/06/23 21:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2


横浜外国人墓地にやってきました。

墓地には、幕末以来、横浜や日本に関係した外国人が4,200
人ほど眠っているということです。
住所は、横浜市中区山手町96です。
画像
















さて、生麦事件で亡くなったリチャードソンのお墓はどこにあ
るのかな?

横浜の外国人墓地はふだんは入ることができません。
ただ、土日のみ、募金というかたちで200円程度払えば、は
いることができます。なので、そうすることにしました。

              *

受付で、ボランティアらしき女性から「公開順路案内図」とい
うものをもらいました。それには、

スウィスト 日本YMCA初期の功労者
グリフィン 日本初のボーイスカウトを明治44に創設
ラムゼー  航海士 日本近代海員養成に功績多大
ヘールツ 理化学者 日本薬局方編纂委員
ゼーバッハ日本の監獄制度を近代化改良
・・・・・・ 
などと、28の墓や慰霊碑の簡単な説明が書かれています。

一般人が自由に歩くことができるのは、これらお墓に沿って
作られた公開順路≠セけのようです。

残念ながら、生麦事件の犠牲者のリチャードソンの墓は、そ
の順路にはいっていないようです。
画像















              **

リチャードソンのお墓はどこにあるのだろうか。
受付の人に聞くと、わからないとのこと。

でも、インターネットの写真ではたしか、道路沿いにあったよ
うな。

資料を忘れたので、あてどもなく墓地の外周の道路を2回ほ
どまわってしまいました。そして、やっと見つけました。
お、これか。

といいながらも、墓地のほうが高くなっています。
低い道路からは金網がじゃまになってうまく撮影できません。

しかたがないので、墓地を囲んでいる石垣に乗っての撮影
です。墓までの距離は10メートルぐらいはあるでしょうか。
画像














中央の墓碑に「近代国家成立の発端となった生麦事件犠牲者
の墓」と書いてあります。
画像




















墓はみっつあるようです。

手前の金網に、墓の配置をしめすパネルが掲げてありました。
画像














IARSHALL、下にさがってRICHARDSON, そして、CLARKEと
あります。

真ん中のRICARDSONは、まさにあの殺されたチャールズ・
レノックス・リチャードソン。
(Charles Lennox Richardson、1834-1862)。

薩摩藩の奈良原喜左衛門に無礼打ちされた男です。
後述するクラークの友人です。上海に4年間滞在した貿易商
で帰国準備中だったとか。
まんなかの平たいお墓が彼のもの、というのがわかりました。

他の二人は、家に帰ってから調べてみました。

すると、左側のIARSALLは、Wの部分(Mの右3分の2)が欠
けてしまったようです。そういうことで、MARSALL。

ウィリアム・マーシャル(William Marshall 1827-1873)
絹の貿易に従事したイギリス商人です。

事件後、アメリカ領事館だった本覚寺に逃げ込みます。
この男が川崎大師への旅行のプランを作ったようです。
事件後も横浜にとどまって仕事をしたということです。

左側のCLARKEはウッドソープ・チャールズ・クラーク。
(Woodthope Charls Clarke, 1834-1867)
マーシャルのビリヤード仲間、貿易商社勤務です。彼も事
件後も横浜にとどまって仕事をしました。

どうやら、この三人が並んで眠っているお墓のようです。
画像













なお、事件に遭遇したのは、この三人のほかに女性がいまし
た。

それは、マーガレット・ワトソン・ボラディル。
(Margaret Watson Borradail, 1834-1870)
マーシャルの妻の妹さんです。
この人は、事件後、イギリスへ帰国し、ロンドンで亡くなった
ようです。、墓はおそらく当地にあるのでしょう。

               ***

元町のぎやかな通りから、この三人の墓まですぐです。

画像の建物↓を左に曲がったところが外人墓地で、彼らの
墓もすぐそこにあります。
画像
















それにしてもこの三人、天国で今の日本をどんな感じでなが
めているんでしょうね。ぜひ一言、コメントをとりたいところで
す。

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村←ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。

人気ブログランキングへ>←お時間があれば、こちらも。ありがとうございます。













テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
井土ヶ谷事件の跡
幕末に神奈川で起きた外国人殺傷事件として有名なのは生麦 事件でしょうか。 ...続きを見る
柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート
2013/05/03 10:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは♪

やっとお墓参りに行けましたね。
お疲れ様でした。^^

外人墓地は日本のと違う雰囲気がしますね。

本当に天国でどの様に日本を見ておられるのかなと思いました。

ポチ♪

みーおでん
2011/06/25 16:25
みーおでんさん、コメント、ありがとうございます。
横浜の外人墓地は初めて訪れましたが、いろんな形のお墓があって興味深かったです。
この3人のお墓を眺めていたら、ホント、人の運命って、ちょっとしたことで変わってしまうんだなあ、なんて思いました。
いちゆう
2011/06/25 22:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
生麦事件受難者墓参ツアー その二 柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる