柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 豊国神社と方広寺の真夏散歩

<<   作成日時 : 2011/10/19 22:16   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


この夏の、最後の京都の訪問先、豊臣秀吉をまつる豊国(とよ
くに)神社へやってきました。(東山区大和大路正面茶屋町)
京都国立博物館の裏あたりです。

正面にデーンと唐門があります。国宝です。
画像














伏見城の遺構だそうです。
画像















右奥に宝物館があったので見学をしました。
獏(ばく)御枕(秀吉の枕)や豊国祭礼図屏風などがありました。

唐門より先は入れませんが、向こうに拝殿・本殿が見えます。
画像














                *

豊国神社の北隣は方広寺です。
敷地が繋がっていますので、そのまま歩いていきました。
画像
















方広寺といえば、幕末、文久3年(1863年)8月、土佐藩出身の
吉村寅太郎が公卿中山忠光らとここに集まり、天誅組をおこし、
倒幕のための挙兵をおこなった場所として有名です。

一方、注目は何といっても、「国家安康(こっかあんこう)の鐘」で
しょうか。
豊臣家がつぶされるきっかけとなった梵鐘です。
いわゆる「方広寺鐘銘事件」(慶長19年)のあれです。

鐘楼です。↓
画像
















大きな梵鐘です。高さ 4.2m、重さ 82.7t。
画像














大きいなあ。
画像















で、例のあの文字は?
 
左側に回ってみると、ありました。
その部分が白くなっています。
画像














拡大してみました。
画像



















かなりボケていますが、わあ、書いてある、書いてある。

「国家安康」「君臣豊楽」。

歴史の教科書で知ったことが、目の前にあることへの感動、まさに
そんな瞬間でした。

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村←ランキングに参加しています。応援ありがとうございます。
また、関連のブログはこちらへどうぞ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
OH!ついさっき大河ドラマ「江」にて取り上げたばかりの場所ではないですか!?
まりりんまんしょん
2011/10/24 02:48
まりりんまんしょんさん、ありがとうございます。
はい、やっていましたね。まさにここですよね。
お江も、秀吉が死んでから多少、内容がひきしまってきた、そんな感じがするのはわたしだけ?かな。
いちゆう
2011/10/24 22:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
豊国神社と方広寺の真夏散歩 柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる