柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 東福寺周辺散策_退耕庵から薩摩藩菩提寺、即宗院へ

<<   作成日時 : 2013/02/14 22:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

京都駅からJR奈良線で東に戻り、ひとつめの東福寺駅で降り
ました。東福寺周辺にも幕末の関連史跡はあるようです、

そのまま、薩摩藩の菩提寺である即宗院へ向かいます。
即宗院は東福寺の二十五ある塔頭のひとつです。

途中、同じ東福寺の塔頭の退耕庵の前を通りました。
(東山区本町15丁目793)
画像













退耕庵は、小野小町ゆかりの寺だそうですが、鳥羽伏見の戦
いで長州藩の本陣となった場所です。
画像














その縁で戦没者の菩提寺だそうです。
門前に「戊辰役殉難士菩提所」と書かれた石柱がありました。
境内は特別拝観の時以外は見学不可のようです。

              *

やがて東福寺に着きました。(東山区本町15丁目778)
経蔵が青空をバックに映えています。
画像













こちらは、重森三玲の方丈庭園(八相庭)です。
市松模様が有名です。
画像












              *

目的地の即宗院に向かいます。

即宗院へ向かう途中に鹿児島藩招魂碑がありました。
画像













招魂碑左下の小さな石柱は、薩摩藩士(のち京都府知事)の
中井桜洲(おうしゅう)の墓所案内です。

即宗院は上の画像の道を左に曲がった奥にありました。
画像














即宗院は、薩摩藩の六代目島津氏久(1328-1387)の菩提のた
め創建されたお寺です。永禄12年(1569)に焼失したものの、慶
長18年(1613)島津家久が再興した、ということです。

周囲は人もあまり来ず、とても静かです。
画像














幕末四大人斬りのひとり、薩摩の田中新兵衛の墓もここにある
ようです。ただし、墓地は一般には非公開です。

田中新兵衛といえば、猿ケ辻の変でしょうか。
画像














文久3年(1863)、公家の姉小路公知(きんとも)が、御所の東
北角、猿が辻(↑)で襲撃された。

嫌疑をかけられ、捕えられた新兵衛は京都奉行所で自刃。
そんな結末を思い出した、東福寺散策でした。

さらに詳しくは→にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
東福寺周辺散策_退耕庵から薩摩藩菩提寺、即宗院へ 柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる