柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 泉涌寺から御陵衛士の墓地のある戒光寺へ

<<   作成日時 : 2013/02/27 23:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 0

洛南を歩いています。

東福寺のあと、近くの泉涌寺(せんにゅうじ)を訪れました。
(東山区泉涌寺山内町27)
泉涌寺は皇室と関係が深いとのことで御寺(みでら)とも呼ばれ
ているそうです。それとなく品格≠煌エじます。
画像













こちらは重要文化財の仏殿(↓)です。
画像















徳川家綱が再建したとのことです。

               *

その帰り、泉涌寺の塔頭のひとつの戒光寺に立ち寄りました。
(東山区泉涌寺山内町29)

戒光寺は泉涌寺の本坊の南の高台にあります。
ここの売り物は釈迦如来像でしょうか。石段の前に大きな案内板
がありました。
画像













左横の説明板(↓)にも、本尊の丈六釈迦如来像は、運慶・湛慶
(たんけい)親子の合作で全長が約10メートルなどと書かれてい
ます。
画像














               *

忘れてならないのは、戒光寺には御陵衛士の伊東甲子太郎以
下4名の墓があるということでしょうか。

考えてみれば、御陵衛士は孝明天皇の陵をガードするための
グループ。
ここに犠牲者4名のお墓があるのは、やはり泉涌寺が皇室と
関係が深いからでしょう。

御陵衛士は、慶応3年11月、新選組に襲われます。
伊東は本光寺前(下京区油小路通木津屋橋上ル)で絶命、さ
らに3名が油小路で討ち死にします。

(画像は本光寺内の伊東甲子太郎絶命の跡≠フ石碑です。
訪れたときに、特別(?)に中に入れてもらい撮影しました。)
画像
















こちらは戒光寺の境内にある泉山融通弁財天です。
画像











4名の御陵衛士たちは最初は壬生寺に葬られたようですが、明
治元年にここ戒光寺に改葬されたとのことです。

一般人の御陵衛士への墓参は、諸事情により7日前までに事前
に申し込む必要があるようです。また訪れる機会があれば、次回
はそうしようと思いました。

さらに詳しくは→にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ホテル「エルイン京都」と和食処「舞」@京都駅八条口前
京都での宿泊は、京都駅新幹線八条口の前に建つ「エルイン京都」。深夜の除夜の鐘の時間までしばし休憩。ここは立地もよく、フロントの対応もよくて、部屋も清潔でした。 早めの夕 ... ...続きを見る
たび☆めし☆うま BLOG
2016/01/30 12:51
大晦日の除夜の鐘@御寺泉涌寺
ホテルでひと眠りした後、除夜の鐘をつきに東山にある泉涌寺へ。土地勘がないので京都駅前からタクシーを利用。防寒装備したものの、それほど寒くない。5分くらいで泉涌寺へ続く ... ...続きを見る
たび☆めし☆うま BLOG
2016/01/31 07:20
丈六戒光寺(泉涌寺塔頭)@京都
泉涌寺を出て参道を歩くと、たまたま開いている寺を見つけました。泉涌寺は除夜の鐘だけが解放されていたので、この戒光寺で初詣することにしました。御身代わり丈六釈迦如来をご ... ...続きを見る
たび☆めし☆うま BLOG
2016/02/01 07:29
京都土産「西利の京漬物」「福寿園の賀茂川」@JR京都駅
元日だというのに、京都駅はさすがに人が多い。お土産を買って帰京です。西利の京漬物福袋と福寿園の抹茶入り煎茶「賀茂川」を買いました。 ...続きを見る
たび☆めし☆うま BLOG
2016/02/02 07:30
丹後網野名物とり松の「ばらずし」@京都駅
京都駅で駅弁を買って新幹線に乗り込みました。駅弁は網野名物ばらずし。京都府京丹後市網野という日本海側の丹後半島の町にある日本料理店が作っている弁当。全体に甘くてやさし ... ...続きを見る
たび☆めし☆うま BLOG
2016/02/03 20:59
京都〜東京@ぷらっとこだまグリーンプラン
京都での年越し除夜の鐘の旅はこれで終了。元日に、ぷらっとこだまグリーンプランを利用して、東海道新幹線「こだま」でのんびり贅沢に帰京。車両は700系電車でした。 ...続きを見る
たび☆めし☆うま BLOG
2016/02/04 07:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
泉涌寺から御陵衛士の墓地のある戒光寺へ 柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる