柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 皇居・桜田門_桜田門外の変・井伊邸跡

<<   作成日時 : 2013/07/24 20:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年の秋から続いていた桜田門のお色直し=B
それが終わったということなので、行ってきました。

桜田門といえば、桜田門外の変があまりにも有名です。

安政7年(1860) 3月3日、水戸・薩摩の浪士18人が江戸城
桜田門外で大老井伊直弼を暗殺。
この大老暗殺は、幕府の権威を失墜させ、幕府滅亡の転機
となり、坂下門外の変を誘発する一因ともなった。
(『日本歴史大事典2』小学館より)

と、まあ簡単にいえばこんな感じでしょうか。

東京メトロ有楽町線の桜田門駅で降り、3番出口から地上に
出ると、目の前が桜田門です。
画像












そのまま進んでいくと、まずは高麗門がデーンとあります。
画像














高麗門からふり返り、警視庁(正面の建物)を眺めます。
画像













桜田門外の変は、警視庁前の桜田通のあたりで起きたよ
うです。

高麗門をくぐって、中にはいると大きな渡櫓(わたりやぐら)
があります。
画像













こんな感じできれいに修理されていました。
画像













石垣の文様が美しいです。
ものの本によると、江戸城の石垣は伊豆産の安山岩が使
われていることが多いが、ここには花崗岩も混じっている
とのこと。
画像













                 *

さて、せっかくですから次は井伊邸の跡を訪ねることにしまし
た。こちらは初めてです。
地下鉄の出口の方にもどり、桜田堀に沿って国会議事堂方
面に数分歩いていきます。
画像













井伊邸のあった場所は、あの緑のあたり↓のようです。
今は国会議事堂の前庭になっています。
内堀通りを渡ります。
画像















ありました、「桜の井戸」です。
横に井伊掃部頭邸跡(前 加藤清正邸)の標識があります
画像














ここには井伊家以前には、加藤清正の屋敷があり、彼が井
戸を掘ったと伝えられています。
画像












井戸は江戸の名水として有名だったようです。
画像










井伊直弼はこの井戸の前を通って江戸城に向かい、暗殺
されたことになります。ここにいると、彼の屋敷と暗殺場所と
の位置関係が実感できます。
ということで、歴史の痕跡は、さりげなくこんなとことろにも
残っていました。

さらに詳しくは→にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
皇居・桜田門_桜田門外の変・井伊邸跡 柴犬こちゃの幕末・維新史跡探索ノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる