山本屋の桜餅美人考

隅田川の墨堤で花見をするのなら、欠かせないのは山本屋の桜 餅、といっても過言ではないでしょう。 山本屋は、今年2017年でちょうど創業300年を迎える老舗です。 山本屋(今の店名は「山本や」)へ行くには、浅草から吾妻橋を渡 って墨田区側へ向かい、渡ったところで左に折れます。 そして枕橋を渡り、隅田川の川風に吹かれながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムーミン・ワールドへ行きました。

日本では今年は戦後70年ですが、フィンランドではムーミン が生まれてから今年で70年だそうです。 ムーミンはヨーロッパの童話や昔話などに登場する「トロー ル」という生き物。 ただし、ヨーロッパの童話などに出てくるトロールは、醜くて 低能で乱暴な嫌われ者、という設定になっていることが多い ようです。 これは私がノルウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京・小石川植物園_旧養生所の井戸

文京区白山にある小石川植物園に行きました。 正式な名まえは、東京大学大学院理学系研究科附属植物園。 日本最古の植物園です。 江戸時代には小石川薬園と呼ばれていたようです。 小石川薬園は、青木昆陽が甘薯を試作したことでも有名です。                * 地下鉄丸の内線の茗荷谷駅で降りて、春日局にちなむ春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京・上野公園_ある日の西郷隆盛像

幕末・維新史跡散策の訪問先でも、東京・上野公園の西郷隆 盛像ほどベタなものはないでしょう。 草履ばき、着流しの散歩姿で愛犬とともに立つ姿は、あまりに も有名です。 銅像の作者は高村光雲(犬は後藤貞行)、鋳造は岡崎 雪聲(お かざき せっせい)という人のようです。 像の前はいつも人がいっぱいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

品川宿散策_ゴジラの初上陸地点へ

東京・新宿歌舞伎町にゴジラが現れています。 まだ珍しいのか、歩く人がかなり写真をとっています。 私もパチリ。               * ゴジラといえば、品川に「ゴジラ初上陸地点」というのがありま す。 東海道53次の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入江長八の都内鏝絵(こてえ)巡り

入江長八の鏝絵(こてえ)を見るために都内散策にでかけました。 鏝絵とは 左官職人が鏝(こて)で漆喰を用いて作るレリーフのこ と。 入江長八は文化十二年(1815)、伊豆の松崎村に生まれた左官 職人、鏝絵の名人といわれる工芸家です。 彼は二十歳のとき江戸に出てきます。 そして、絵や彫刻を学び、それを左官の業に応用し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お龍の職場訪問_京都七条_扇岩

京都を訪れるたびに、時間を見つけては幕末関連の史跡を訪 ねています。今回は、坂本龍馬の妻、お龍が独身時代に働い ていた旅館「扇岩」の跡の訪問です。 扇岩跡へは京都駅から歩いていけそうです。 烏丸通に出て、時間があるので途中、東本願寺に立ち寄りま した。 東本願寺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍馬像 in 京都嵯峨野

京都の嵯峨野を歩いていたら、龍馬像に偶然出会いまし た。 龍馬像といえば、京都には龍馬像がたくさんあります。 まずは、円山公園(東山区円山町)のもの。これが一番有 名でしょう。 立っているのが龍馬、腰をおろしているのが中岡慎太郎で す。 そして、こちらは霊山護…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治神宮御苑内のパワースポット清正井へ

東京・明治神宮御苑の中にあるパワースポット、加藤清正の 「清正の井戸」(清正井)を訪ねました。 加藤清正は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍 した武将。文禄・慶長の役で、朝鮮へ出兵したしたことはあま りにも有名です。 JR山手線の原宿駅で下車、大きな鳥居をくぐり明治神宮の 参道に入っていきます。外国人観光客も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都・洛北_あな恐ろしや冬の深泥池

京都で観光客があまりこないような場所、ということで洛 北にある深泥池(みぞろがいけ)へ行ってきました。(北 区上賀茂深泥池町)   名を聞けば 影だにみえじみどろが池に   すむ水鳥の あるぞ怪しき 平安時代の歌人、和泉式部が詠むとおり、怪しげな場所 のようです。 地下鉄烏丸線の北山駅でおります。朝の九時ごろで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都御苑散策_閑院宮邸跡と九条邸跡

東京が大雪の日、公家の邸宅跡を訪ねるために京都御苑 にやってきました。 とはいうものの、200ぐらいあったという宮家や公家は、東京 遷都とともに東京に移ってしまい、現在、遺構はほとんど残 っていません。 かろうじて残っているのが閑院宮(かんいんのみや)邸と九 条邸の跡でしょうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都_新島旧邸訪問記

同志社大学の創設者、新島襄の旧邸を見に行きました。 まずは、地下鉄烏丸線の今出川駅で降ります。 遠回りですが、ここから京都御所に沿って今出川通りを東に 向かいます。 途中、いろんな場所を見学していきます。 まずは、同志社大学です。 私がかつて通っていた大学と違って建物に風情があります ね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都_円山公園_幕末・維新散策

京都東山に幕末・維新の史跡を訪ね、八坂神社にやってき ました。 西楼門です。 この楼門の石段の下で、慶応2年(1866)年4月、新選組の 七番隊組長の谷三十郎が不慮の死をとげたといわれてい ます。 一説には斎藤一に殺害されたともいわれていますが、死因、 場所も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都・今出川通散策_秀吉の築いた御土居へ

御土居(おどい)を見に北野天満宮へ行きました。 御土居とは、豊臣秀吉が天正19年(1591年)に完成させた、京 都市中を囲む土塁です。 地下鉄烏丸線の今出川駅で降りて、今出川通を西に向かって 歩いていきます。 途中、白峯神宮がありました。(上京区堀川今出川飛鳥井町) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皇居・桜田門_桜田門外の変・井伊邸跡

昨年の秋から続いていた桜田門の〝お色直し〟。 それが終わったということなので、行ってきました。 桜田門といえば、桜田門外の変があまりにも有名です。 安政7年(1860) 3月3日、水戸・薩摩の浪士18人が江戸城 桜田門外で大老井伊直弼を暗殺。 この大老暗殺は、幕府の権威を失墜させ、幕府滅亡の転機 となり、坂下門外の変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皇居・坂下門_坂下門外の変

皇居の坂下門に行ってきました。 坂下門は皇居外苑のやや奥まったところにあり、また手前 に警備員がいたりして、なんとなく近づきにくかったのです が、ようやく撮ってきました。 坂下門といえば、当然のごとく、「坂下門外の変」ですね。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東京・谷中界隈幕末史跡散歩

東京・谷中(やなか)の幕末史跡散歩に出かけました。 JR山手線の日暮里駅を西口に出て、緑に囲まれた御殿坂を 上っていきます。左側は谷中霊園です。 坂を歩いてすぐ、まずは本行寺です。 (荒川区西日暮里3-1-3) 別名、月見寺、ここには永井尚志(ながいなおゆき、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

横浜・井土ヶ谷事件の跡

幕末に神奈川で起きた外国人殺傷事件として有名なのは生麦 事件でしょうか。 今回は、それとは別のもうひとつの事件、横浜の井土ヶ谷で起 きたフランス人士官殺人事件(井土ヶ谷事件)の碑を訪ねまし た。 事件は、生麦事件(文久2年8月21日)からおよそ1年後に起き ました。 まずは京浜急行で、横浜から5つめの駅、井土ヶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泉涌寺から御陵衛士の墓地のある戒光寺へ

洛南を歩いています。 東福寺のあと、近くの泉涌寺(せんにゅうじ)を訪れました。 (東山区泉涌寺山内町27) 泉涌寺は皇室と関係が深いとのことで御寺(みでら)とも呼ばれ ているそうです。それとなく〝品格〟も感じます。 こちらは重要文化財の仏殿(↓)です。 …
トラックバック:6
コメント:1

続きを読むread more

東福寺周辺散策_退耕庵から薩摩藩菩提寺、即宗院へ

京都駅からJR奈良線で東に戻り、ひとつめの東福寺駅で降り ました。東福寺周辺にも幕末の関連史跡はあるようです、 そのまま、薩摩藩の菩提寺である即宗院へ向かいます。 即宗院は東福寺の二十五ある塔頭のひとつです。 途中、同じ東福寺の塔頭の退耕庵の前を通りました。 (東山区本町15丁目793) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more