藤田東湖_護母致命之処碑

天地正大の気、粋然として神洲に鍾(あつま)る

秀でては不二の嶽(たけ)と為り、巍巍(ぎぎ)として千秋に聳(そび)ゆ

注いでは大瀛(たいえい)の水と為り、洋洋として八洲を環(めぐ)る

発しては万朶(まんだ)の桜となり、衆芳(しゅうほう)与(とも)に儔(ちゅう)し難し

凝(こ)っては百錬(ひゃくれん)の鉄(てつ)となり、鋭利(兜)を断つべし

(『幕末十冊の名著』(北影雄幸 勉誠出版)より転記)

これは藤田東湖の正気の歌の冒頭の部分。
尊攘志士たちはこれを吟じたたけでブルっときたようです。

そんな、後期水戸学を代表する思想家、藤田東湖の史跡
めぐりに出かけました。
まずは、護母致命之処(ぼごちめいのところ)の碑を訪ね
ました。

幕末史跡はいろいろまわっていますが、終焉の地として、
〝母を護(まも)るために死に至った場所〟の碑などとい
うのはあまりないような気がします。

藤田東湖は安政2年(1855)の大地震のさい、母を助け自
らは圧死。
この突然の死は、のちに思想的にも政治的にもかなりイ
ンパクトがあった事件のようです。

             *

まず、小石川後楽園(水戸徳川家の中屋敷、のち上屋敷)
に行きました。(文京区後楽1-6-6)
入り口です。あいかわらず見学者が多いです。
画像













これは、駐歩泉(ちゅうほせん)の碑↓です。
画像












入園して右回りに進んですぐのところにあります。

説明板によると、
西行堂側の流れを、九代斉昭が西行の和歌にちなみ「駐歩
泉」と命名し、自ら筆をとり碑を建てたのだそうです。
画像














「西行堂」とは、西行法師の木像を安置したお堂で、戦災で焼
失しているようです。

              *

護母致命の碑を求めて、緑の中を歩いていきます。
お、もうすぐかな。
画像














さらに歩いていきます。
あの白っぽい石柱が碑なのでしょうか。
画像













そのようです。
碑は小石川後楽園の北東の隅にありました。
画像













「藤田東湖先生護母致命之処」とあります。
立派な碑です。

              *

小石川後楽園を出て水道橋交差点の近くにやってきました。

「藤田東湖先生護母致命之処」の碑は、もともとここにあった
とのことです。
画像














前は白山通りです。
画像













JR水道橋駅前の横断歩道からの撮影です。
あのあたり(緑の木の前あたり?)に家があったのでしょうか。
画像











続きます。

さらに詳しくは→にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック